木の家を、建てよう。

夫と妻の備忘録

日々の様子

こんにちは。

妻です。

山梨は相変わらずの快晴が続いています。

(先日の寒波も、子どもたちが楽しみにしていた雪は積もりませんでした。)

 

そして、いよいよ基礎の枠が外れました。

分譲地の後ろのお宅と数十cmも土地の高さが違うのですが(我が家のほうが低い)、基礎の高さが同じくらいになっています。

 

工事を請け負っていただいている梶原建築さんが、日々Instagramへ工事の様子を投稿してくれており、素人でもどんな工程を行っているか知ることができます。

ありがとうございます。

 

↓↓勝手に添付

https://instagram.com/kajiharakenchiku?igshid=YmMyMTA2M2Y=

看板

こんにちは。

妻です。

 

毎朝子どもたちの準備と、自分の仕事の準備とバッタバタでしたが、毎朝のお家の進捗を見に行くという目標を立ててから、以前よりも朝時間を使うのがうまくなりました。

 

そして先日、ついに看板が立ちました!

 

村松さんとの出会いから、梶原さんに出会いお願いできたことが、全て必然であったかのような、私たちにとって本当に素敵な出会いができました。

 

お二人のコラボの看板を見たときには感慨深いものがありました。

 

先日、平日の朝ですがお二人に現場で会えました。

 

そして基礎できてきました。

 

 

 

 

 

着工

年明けに着工しました。

画像は、着工日の朝の様子です。

本日で着工から10日目。

毎朝、仕事前&保育園へ送る前の5分間、現場に立ち寄ることが日課となりました。

 

そしてあっという間に基礎が大詰めのようです。

(正直、工務店の梶原さんにお任せっきりで、現段階の作業が何をやっているのか分からない素人ですが)

 

 

2月の棟上げに向けて、どんどん作業が進んでいきます。

 

山梨の冬は、毎日こんな感じで青空が広がっているので、冬も太陽光が期待できます😀

出雲式地鎮祭!?

こんにちは。

妻です。

 

突然ですが、家を建てるときに、家相や風水を気にされる方は一定数いるのではないでしょうか?

 

私も当初、裏鬼門には水回りをおきたくないとか、玄関の位置とか色々気になっていました。

元々家へのこだわりがあるのに、さらに家相やら、風水やら考え出しては、家は建たない!

でも建てたい!どうしよう?

となったときに、「出雲屋敷」地鎮祭を知りました。

 

出雲屋敷地鎮祭をすると、家全体が大国主大神様に守られるため、家相も風水も吉日なども気にせず、家を建てられるというのです。

この情報を手に入れてから、気にしなくなりました。

 

どんな凶より、力が強い大国主大神様の力。

無敵アイテムみたいです😀😀

たまたま、結婚式(神前式)をしてくれた神社が出雲大社と関わりがあり、お願いをしました。

 

出雲大社で祈祷していただいた御札など、出雲大社から、一式山梨の神社に送ってもらい行いました。

村松さんや、施工の梶原さん曰く、丁寧な地鎮祭だったとのこと。

まぁ、少し長い印象でしたが、本当に感慨深いものがありました。

 

執り行える神社は、決まっているようですが、家相などに悩まれている方は、ぜひ参考にしてください。

地鎮祭

 

R4.11.20

満を持しての地鎮祭でした。

地鎮祭をするのに良い日&良い時間を徹底的に調べ、この日を先に決めていました。

 

天気予報は「雨」

地鎮祭は、「雨降って地固まる」という言葉もあるくらい、雨でも良いとされているため、あまり気にしていませんでした。

ただ、気持ち的に晴れが良いなぁと。

 

朝は雨でしたが、いつの間にか雨は止み、太陽まで顔を出しました。

準備の時間帯も晴れており、いよいよ始まりました。

 

地鎮祭の途中、神様が降りてくる祝詞の前から急に雨が!!

それも強めに振り始めました。

 

そして、神様にお戻りいただいたあと、雨がやみました。

演出!?にしては出来すぎているくらい神がかっていた地鎮祭

 

ここまでこれたことに感謝です。

村松さん、梶原さんありがとうございました。

 

宮司さんも、「雨降って地固まる」ので縁起が良いとおっしゃってました笑

 

地鎮祭の詳細はまた次回。

 

模型完成

 

 

こんにちは妻です。

ついにこのときが!

 

村松さんからの模型をいただきました。

より一層イメージが膨らみました🤩

 

南側からは富士山が見えます。

早く土地に持っていきたいです。

…が、我が家には、4歳と今月3歳を迎える年子のモンスターがおり、打ち合わせ後、この模型を無事に見ることができるか不安なところです。

 

現在減額調整中です。

昨今の値上がりががっつり影響しており、なかなか厳しい中、村松さんと、梶原さんにご尽力いただいています。

引き続きよろしくお願いいたします。

施工担当者と打ち合わせ

こんにちは。

妻です。

 

村松さんからの設計が完成し、いよいよ見積もりを担当者いただく梶原建築の梶原さんの出番です。

 

実は、私の父が屋根と雨樋の板金職人のため、施工の一部を父に依頼しようと考えていました。

 

そこで先日、私の実家に梶原さんにお越しいただき、父と梶原さんと、我々夫婦で話をしました。

 

父が、仕事の打ち合わせをしている姿を見たのは、初めてかもです。

 

ちなみに、父に仕事を依頼したいと言い出したのは夫です。

娘と孫のために、形を残してほしいという思いが強いかもですが…。