木の家を、建てよう。

夫と妻の備忘録

これまでの経過①

夫です。

我が家では、家づくりをはじめてから4年が経過しており、平均的な家づくり期間より長いのではないかと思います。

私の性格から進捗がゆっくりな上、作業が停止してしまった時期もあったので、4年間の蓄積としては少ないと思いますが、これまでの経過を簡単におさらいしてみようと思います。


・家づくりのきっかけ

妻とは5年前に入籍しましたが、仕事の関係で入籍後1の年間は別居生活でした。

妻は「結婚したら家を新築する」と考えていたようで、同居を始めてすぐに「家を建てたい」と提案されました。

私の方はというと、新築には少し慎重な考えだったので「まあ、見るだけ見てみるか」くらいの気持ちでした。


・何から始めるべきなのか

「家づくりを始めてみる」といっても、具体的に何から始めて良いのかも分からず、とりあえずフリーペーパーに載っている土地や建売住宅の広告を眺めていました。

建売住宅は思いのほか安く「住めれば良いと思えれば、これでも良いかな」などと考えていると、工務店が主催している家づくり勉強会のお知らせが目に入りました。

参加者には特典としてスイーツが出るほか、家づくりの書籍、スタバカードのポイントカードが貰えるというものでした。

今後のヒントになるだろうし、特典もあるならということで勉強会に参加してみることにしました。


勉強会では、工務店が招いた家づくりアドバイザー的な先生からお話を聞いた後、執筆した書籍を貰えるというものでした。

今思えば高気密高断熱住宅を意識している人にとっての常識をかなりかいつまんだ易しい内容でしたが、全てが初耳の私達にはとても難しく感じられ、終了後の夫婦の認識は以下のようになりました。

・日本の住宅は欧米に比べて性能がとても低いため、家の寿命は短い、快適性は低い、健康面のリスクは高い

・これからは高性能(高断熱高気密)な住宅を建てることが重要であり、性能は数値で示すことができる

・業者との面談ではUa値とC値を質問すべし(答えられない業者はNG)

・グラスウールは施工不良になりやすく、現場発泡断熱材は専門業者が施工し隙間なく施工しやすい

・施工状況が確認できない建売住宅は危険


振り返ってみると、だいぶざっくりな理解、誤解もある内容ですが、何も分からなかった我が家にとって「次からは業者にコレを聞いてみよう」という指針になりました。

そして、私の「建売でも良いかな」という気持ちは全く無くなってしまいました。


続く

建築士と初顔合わせ

f:id:homachiha:20210509212545j:plain

妻です。
先日(R3.3)、建築士村松さんと初顔合わせのため、新潟まで行ってきました。

片道300km。

遠出が趣味な私たちにとっては、思ったより近く感じました。

一度お電話でお話を伺ったときも感じた、村松さんの柔らかい雰囲気。
ブログからも感じ取れるお人柄。
打ち合わせが『楽しい‼️』と感じられたのは、何年ぶりだろう…。

家を建てようと計画して本日に至るまで、約4年の年月を重ね、話をしたハウスメーカー工務店、設計士さんの数は、30件以上。(←これは、後々ブログでお話していければ)

テンションも下がりきったところでの、村松さんとの出会いには、運命を感じます。

当日中に、設計の依頼をお願いしました✨

これから、末永くよろしくお願いいたします。

ブログ開設!

家を建てよう。

と決めたので、ブログを開設しました。


簡単に自己紹介から…☺️

山梨県の中央部に住む4人家族です。

夫40歳…とにかく心配性、優柔不断、こだわりが強い、気になることがあると徹底的に調べないときがすまない、山好き

妻38歳…何としても家を建てたい、即断即決、気が強い、予定どおりに進まないとイライラする、京都好き

長男2歳…走り回る、大声を出す、絶賛イヤイヤ期、動物好き、絵本好き、ままごと好き

長女1歳…走り回る、大声を出す、イヤイヤ期開始、歌・踊り好き


家を建てようと、様々な建築会社を回り始めて4年が経ちました。

なかなか前に進むことができず、悩む日々でしたが、ついに先日「エスネルデザイン」の村松さんとお会いし、設計を依頼させていただきました。

こちらは追々ご紹介させていただくとして、やっと前に進み始めることができました。


自分で調べたことや、家に取り入れたこと、決めたきっかけなど記録を残していきたいと思います。


文章を書くことが好きな妻の登場回数が多くなる気もしますが…。

よろしくお願いいたします。